事業事例 OCRシステム

OCR: 業務用スキャナシステム開発

OCR(Optical Character Reader:光学的文字読取システム)は、手書き文字や印字された文字を人間と同じように読み取り、認識・判断するシステム。コンピュータから見れば、キーボードと同じようにデータを入力するシステムとして位置付けられる。


システム化への背景

例えば契約者様から送付される保険契約申込書、告知書/報状、各種請求書や諸届け書類など、多種に渡る書類の分類・仕分けとデータ入力作業は、事務作業の効率化を実現する上で業務改革の大きなテーマとなる。また、イメージデータによる原票管理・検索システムを活用するための各種書類のイメージ化とデータ入力は人手の掛かる作業として改善を行うことが必要だった。

効果

bnr_tradeスキャン対象である各書類の特性や分類方法などを明確にすることで、データ管理の効率化、人手による作業部分を高速化ができた。場面に応じた処理の切り分けが行いやすくなったことから、総合的なコストの削減が実現でき、安定した生産性とマネジメントを可能とした。

例)通販向けOCRシステム

関東地区数十万人ユーザーから週単位での受発注を円滑にコントロールするために、膨大な請求データをOCRにて処理する。
技術:C#、sqlserver、VB、C、C++、oracle
新商品の発売など、その時折に変化する商品数に合わせた拡張、改修を行いニーズにマッチしたシステムをアップデートし続けている。

  • 他対応業種: 銀行、市区役所、デパート、エネルギー関連

ページ上部へ戻る