金融系システム

ブロックチェーン、仮想通貨、進化するシステムに対応
金融系、ECシステムなど

ノード(コンピュータ)に、トランザクションと呼ばれる取引の情報が入っているデータをブロックという単位でまとめ、記録、分散を行い、時系列順に繋げて管理する事で、改ざんを困難にする技術。


主な特徴

1. リーダーの役割を持つノードが不要
すべてのノードは、全体で整合性が失われないようなかたちで共有している。

2. 災害時やテロにも強い
一部のノードが故障していても、正常であるノードが生きていれば、停止する事無く処理の継続が可能。

3. やりとりの妥当性が全ノードによって検証される
過去のデータを改ざん(変更)しても、後に続く全データを変更しないと改ざんが成立しない。

4. 過去にさかのぼってデータを参照することが容易
改ざん(変更)が不可能なトランザクションデータがブロックとして保存されていて、冗長化によりデータが失われることなく、時系列順に格納されている

5.セキュリティのコストを削減
データが分散されていることで、データ改ざんのリスク、不正アクセスも無い為、システムやデータに必要とされるセキュリティコストを大きく削減することが可能

弊社では主に金融系システム開発にて実践

・金融

ブロックチェーンによって、仲介を必要とせず、低手数料で、時間に制限がなく国内、または国境を越え支払人と受取人をつなぎ、より直接的な支払いフローが可能に。

・Eコマース

ブロックチェーンは、購入記録を分散して記録することを可能にするため、ショッピングサイト自体よりも信用を高めることができる。
大手企業のマーケットプレイスやプラットフォームの信用度に依存することなく、個人や企業が個人に安全に手数料なしで売ることが可能に。

FXシステムの開発

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことを意味する。
システムは、主にJava言語と複数のフレームワークを用いて開発したwebシステム。
また、最新WEB技術の採用により様々なosに対応。
PC、スマートフォン、タブレット。日々進化、アップデートし続けるシステムを市場、顧客の要望に合わせた開発を行う。

  • 気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、自動的に注文を執行。
  • 注文を行う際、事前に各市場の価格を見比べることなく、自動で最も良い条件の市場へ注文が行える。
  • 取引しやすいインターフェースとタイムリーな執行判断情報を提供。レート変動や流動性など、複数の観点でポジションをリアルタイムに監視・管理し、評価損益や実現損益を含む市場リスクを、的確かつリアルタイムに把握が可能。